プロスポーツ選手は肉食からベジタリアンに移行しています。

アスリートのベジタリアン

世界の流れはベジタリアンに移行しています。

肉を食べないと元気が出ない、力が出ないといわれていますが、
僕のまわりでよくよく聞きます。しかし、本当でしょうか?

スポーツのトップアスリートの方が、日本外の国ではどんどんベジタリアンに移行しています。そんなことが下の記事に書かれていました。

スポーツ選手に読んでもらいたい記事です。

 

これからの健康を考えるにあたって、ベジタリアン食に変えることはとても重要になります。

それをオリンピックに出場するようなアスリート(スポーツ選手)が証明してくれています。アスリートは体が資本なので、僕たちよりもとても体のことを気遣っています。

 

なぜ、アスリートは肉食を止めて、ベジタリアンに移行しているのでしょうか?

アスリート(スポーツ選手)にとって結果を出すことはとても重要です。試合、本番で良い成績、結果を出すために日々トレーニングしています。体をつくっています。

今、トレーニング方式が変化してきているそうです。これまではどれくらい練習したか、練習時間を重点に考えてきていましたが、今はその練習時間に加えて、どんな練習をしたか、練習の質も同時に行う、こちらの方向に移行してきているそうです。

練習時間が多いということは、体への負荷を大きくかけます。負荷がかかると体にストレスがかかり、疲れがたまってきます。その疲れをいかに早く消化するか、これが求められます。

疲れを早く消化するために大事なのが、「休息」と「食事」です。特に食事は体の内面からの疲労物質を外に出してくれます。

それが、ベジタリアン食だったのです。

肉食では体の疲れは抜けません。肉食は逆に筋肉をかたくする食事なので、アスリートには向かない食事です。

ベジタリアン食に変えたアスリートはこのような言葉をのこしています。

[box color=”pink-cream”]ベジタリアン食に変える前と比較して、「体調が良くなった」「体が軽くなった」「疲れが残らなくなった」「怪我が減った」[/box]

食事を変えるだけで体の変化を実感されています。

ドイツのサッカーチーム・ドルトムント

ベジタリアンのメリット

ベジタリアンのデメリット

ベジタリアン移行の仕方

ベジタリアンで大事なこと

動物愛護から地球愛護のためのベジタリアンへ

まとめ

サービス案内

タイトルとURLをコピーしました