スマホ腱鞘炎で痛めたときのマッサージのやり方

腱鞘炎

[mokuji]

スマホを使って、手首に痛みを感じたことありませんか?

スマホを使ったときの手首の痛み、それは、ひょっとすると、手首の腱鞘炎かもしれません。手首の腱鞘炎は、痛みを感じ始めた初期の時は、マッサージをするだけでも痛みが和らいでいきます。

今、手首の腱鞘炎で悩んでいる方が増えてきているそうです。

特に増加傾向にあるのが、20代~30代の女性です。日常的にスマホを使い、文字入力スピードが早いです。文字入力スピードが早いということは、手首にかける負担が大きいことを現しています。

本日は「スマホ腱鞘炎で痛めたときのマッサージのやり方」をご紹介いたします。スマホをやっているとき、指が痛くなったときにも対応できる内容になっています。

 

腱鞘炎は痛み始めの最初のころであれば、マッサージをすることで痛みを和らげることができます。しかし、時間が経つにつれて、痛みがひどくなる傾向にありますので、腱鞘炎の痛みをとりたいと思ったら、いかに早く対処するかが重要です。

 

 

スマホを使って手首や指が痛くなってきたら、腕のマッサージ、手首のマッサージをやってみるといいですよ。

スマホをつかっていると指だけで動作を行うので、指を動かしている腱や筋肉がかたくなりやすくなります。その硬くなりやすい場所が手首、腕なのです。

 

なかでも手首は痛みが悪化しやすい場所なので、早めに処置することがとても重要になります。手首に違和感を感じ始めたら、すぐに筋肉をやわらげるよう対処してくださいね。

 

スマホ腱鞘炎のマッサージまとめ

スマホ腱鞘炎のときの腕のマッサージのやり方は、
手首側、肘側の腱、手首周り、肘周りの筋肉を入念にほぐすようなマッサージを行うと、痛みが取れやすく、痛みがやわらいでいきます。


スマホを使っているとき、手首の痛みや親指の痛み、腱鞘炎で悩んでいたら有田町・佐賀県のこうちゃん整体院にお電話ください。

スマホを使っているとき手首の痛み、親指の痛みを感じていませんか?

あまりにもきつい痛みは、有田町・佐賀県のこうちゃん整体院へお電話ください。

スマホを使っているときの手首の痛み、親指の痛みは、ひょっとすると腱鞘炎かもしれません。

もし、腱鞘炎の痛みであれば、最初の痛み始めの時対処すれば、痛みを和らげることができます。しかし、時間が経つにつれて、痛みがとれなくなる、治りにくくなるのが腱鞘炎の特徴です。

腱鞘炎は早めの処置が重要です。腱鞘炎の痛みで悩んでいたら、有田町・佐賀県のこうちゃん整体院にお電話ください。

 

ご予約のお電話はこちらです。

【ご予約受付番号】

電話番号:
080-6409-7294
(電話受付時間:8時〜19時)

完全予約制

タイトルとURLをコピーしました