高次脳機能障害の回復リハビリ


高次脳機能障害向けの整体のご案内

これからご紹介する高次脳機能障害の回復に向けてのトレーニング(リハビリ)の方法は、病院などで行うリハビリではなく、僕自身が行ってきて成果が出てきたものです。もし、よかったら、試してみてくださいね。

高次脳機能障害、僕の症状

僕の高次脳機能障害の症状は、極度な物忘れ(認知症状)、集中できない、二つのことを同時に行えない、二つ以上のことを同時に覚えられない、

自分1人では物事の計画を立てることができない同じことを繰り返し質問する、同じことを繰り返し文章に書く、同じことを繰り返し行う、耳で聞いて記憶しにくい、耳で聞いて判断しにくい、

僕自身の体験では相手が何を話しているのか自分では理解できなかったので、会話の中で何かを提案したり、何かを決めることができず、会話が続かず行き詰る状況にありました。

まだまだ、症状は残っていて発展途上ですが、僕でもトレーニングを続けていくうちに、少しずつ、できることが増えていって、今では、障害をもっていることすらわからないところまで回復してきています。

 

高次脳機能障害を患っている方の物忘れ対策

高次脳機能障害を患っている方の特徴の1つに「忘れる」、があります。約束事やるべきことを忘れてしまうんですね。

例えば、薬を飲み忘れたり(1分前に飲んだと自分では思っているけど、実際は飲んでいない)、

「明日、なんかすることあったと思うけど、何だったっけ?」

よく忘れます。

このような時、メモや手帳に書いておけば忘れることはないんじゃない?メモや手帳を使うともの物忘れを防げるよ、このように思うかもしれません。しかし、高次脳機能障害を患っている方には、実は手帳もメモも役に立ちません。

 

高次脳機能障害を患っている方には手帳、メモは役に立たない

なぜ、メモや手帳が役に立たないの?

それは、手帳やメモに書く段階で思い込みが発生し、間違った日付に約束事を書き込み、勘違いした内容をメモに書いてしまうときがあるからです。だから、高次脳機能障害の人にメモや手帳を使わせても役に立ちません。

記録したことが間違っていることが多くあります。

僕は、頻繁に約束事をすっぽかしたことあります。自分では正しいと思って手帳に書き込んでいたのですが、実際には、「何してたの?今日、ミーティングの日だよ」、日付を間違えること大多数。

 

では、どのように物忘れを改善していったの?

自分でできることは、何度も何度も入念に、日付を確認することを行いました。耳で聞くことは信じられないので、メールや手紙、資料など、後で見返せて、何度も読める形でスケジュールの連絡をして頂く形にできませんかとお願いしました。

大事な約束や仕事のスケジュールは、電話で受けません。受けても、今すぐに対応できるかどうか、この程度の時間的犯意です。重要な約束事、スケジュールはメールや資料など、必ず目で分かる、メールや紙など保存できる状態で受け取ります。

確実な日がわかったら、グーグルカレンダーに登録します。とても重要な用事の時は、数日前からスケジュール確認の予約を入れます。

病院に行って、病院のリハビリを行うことも大切ですが、まずは自分でできることから始めていくというのも1つの方法です。

 

大事なことは、どんなに小さなことでも良いので、できることを1つ1つ増やしていくことです。

 

高次脳機能障害を患っている方が約束事など何か重要なことを決める時のポイント

僕が常々行っていることがあります。大事な用件を決める時は、必ず、メールやメモ、資料など目で確認できる、後からでも確認できるようにしておく。電話や会話など、耳の記憶に頼らないということです。

 

文字で確認するということがとても重要だと僕は考えています。

 

これだけで、かなりのミスや時間遅れ、スケジュールの間違いは防げます。

 

高次脳機能障害の回復トレーニング(リハビリ)

言葉のリハビリの仕方(会話トレーニング)

言葉のリハビリは、もちろん継続して行うことが重要です。しかし、ただの継続学習だけではダメです。そこにもうひと工夫しなければいけないことがわかりました。

その工夫とは?

同じことを何度も何度も繰り返し行うことです。

高次脳機能障害のリハビリのための言葉の学習は継続よりも繰り返し行うことの方がどちらかというと重要です。

 

般若心経、論語の音読

僕が行ったトレーニングの1つが音読です。古典や聖人、佛が残した書物を読むことを行いました。具体的には、般若心経、論語を中心に声を出して読む、これを続けました。

 

ポイントは、声に出して読む、ということです。

 

目で追って読む黙読ではまったく効果がありません。1日5分からの音読を行うことをおすすめいたします。

 

実況中継レポート

ちょっと高度になって、恥ずかしく難しい気持ちがでてきますが、もし、できるのであればやってみてください。目の前に起こっていることを口に出して話すことで、思考が動いていきます。

思考が動くと、思考は脳が伝達しているので、目の前に起こっていることをニュースキャスターになったつもりで、口に出して話すことで、脳のトレーニングになります。高次脳機能障害のリハビリにもなっていきます。

 

高次脳機能障害を患っている方が物忘れをしないための対策で重要なこととは?

高次脳機能障害を患っている方が物忘れをしないための対策で重要なことは、目で確認するということです。耳を信じない、耳で記憶しない、目で確認するということが重要です

 

心が乱れてパニックに陥った時の対処法、そしてリハビリ

圧迫感を感じ始めると、急に人格が変わったように感情がでてきます。これまでふさぎ込んできた感情が一気に出てきます。感情が動いたと感じたら、まずは目線を足元に向けてください。足元を意識して集中して見つめます。

意識を一点に集めることで、感情は落ち着いてきます。感情の動きは長くは続かない、1つの山を通り越せば、しばらくは大丈夫です。しかし、何回も山はやってきますので、感情の山がやってくるたびに足元に意識を集中する、これをやってみてください。

(このことを知っているのと知らないのでは大違いです。知っているば、「あっ、感情がうごいた」とすぐに対処することができます。知らなかったら何もできず、なぜ、「私はいつもこうなんだろう?」と悩みが深くなるばかりです。)

 

パニックを防ぐ対策は忍耐これしかありません。

 

忍耐とは我慢するということではなく、心を安らかに、心を平安に保つということです。心を平安に保つためにどうすればよいか?それは、こだわりや執着を手放すこと。こだわりや執着を手放していくと、心が軽くなり、心が楽になっていきます。

 

高次脳機能障害のパニック症状のリハビリトレーニング

パニック症状をなおしたいと思ったら、こだわり、執着を手放すトレーニングからやってみてください。ここでいう、こだわり・執着を手放すとは、物を整理する断捨離とは違います。物のこだわりを捨てるのではなく、心のこだわりを捨てるのです。心のこだわりを捨てるトレーニングは、“感情日記”をつけるとよいと思います。

きょう1日の中で感情をつかった出来事をメモ帳やノート、または手帳に記していきます。毎日ではなくても、気がついたとき、書きたいときだけでもよいと思います。大事なことは時々でも継続していくことです。継続していくことで力を発揮します。

高次脳機能障害で集中力が続かないと悩んでいる方に向けての解決法とは

高次脳機能障害を患っている方に集中力が続かないとよく聞きます。僕自身も休憩なしで持続的に集中できるのは40分です。40分を過ぎると、体が疲れてきます。グッタリ疲労を感じてきます。

 

集中できるのは40分と知っているので、1つのことを40分以上行うのを避けています。

 

一気に仕上げるのではなく、少しずつ、組み立てていくように物事を完成させていく、こちらのやり方に切り替えていったら、体の疲労感が軽減されていきました。

 

このくらいまでは集中力が続くという自分なりの時間を見つけて、そして、細かな休憩を入れることで物事を完成させていく力が養われていきます。ぜひ、このくらいまでなら集中できる、自分の集中可能な時間を見つけてくださいね。

 

また、高次脳機能障害を患っている人の集中力を高める方法を探していたら睡眠が重要だということがわかりました。

高次脳機能障害の回復を志している方にとって睡眠はとても重要です。

理学療法士や言語聴覚士からやってもらっているリハビリよりも、実は睡眠の方が重要だということがわかりました。

 

なぜなら、人の体、脳の傷の修復は寝ているときに行われるからです。脳の傷の修復は寝ているときしか行われません。

 

高次脳機能障害は脳に傷があるための障害です。高次脳機能障害の回復を願っていたら、脳の傷を癒すことしか道はありません。脳の傷を癒すにはどうしたらよいか?それは、睡眠です。しっかり睡眠をとることがとても重要になります。

 

高次脳機能障害の回復のための睡眠って、どんな睡眠をとっていけばいいのでしょうか?

脳の機能回復のための睡眠は質よりもまずは量だと考えています。3時間という短時間の睡眠の方がカラダのため、けんこうのために良いという説もあります。しかし、最初から質を求めていくと、意外に求めているところに到達していないことにストレスを感じてしまいます。

よい睡眠をと、ストレスを感じるくらいだったら、今できることを確実に行う。その方法が寝る時間を増やすです。寝る時間を増やすことの方がカラダにはよい影響を与えます。

脳回復のための睡眠はまずは量から始めましょう。寝る時間を増やすことから始めることを提案いたします。

 

高次脳機能障害を回復するための睡眠って、どのくらいとればいいのでしょうか?

僕の体でよい結果が出ている睡眠時間は1日10時間です。

 

睡眠は脳の中をお掃除(リセット)してくれます

の活動と睡眠の関係性を示す新たな研究結果が明らかになりました。いろんな高次脳機能障害の症状がありますが、その症状のほとんどが脳の活動異常によるものです。

脳の働きを正常にすることができれば、高次脳機能障害の諸症状は軽減されます。脳補働きを正常に戻してくれるのが睡眠なのです。

高次脳機能障害の症状で悩んでいたら、まず眠れる体、眠れる環境をつくることが大切です。

高次脳機能障害を悪化させないために

高次脳機能障害を悪化させないためには、やはり睡眠です。睡眠がとても重要になります。昼寝でもいいと思われがちですが、夜眠ることがとても大切です

ポイント

昼寝ではなく、夜眠ることが重要。

夜眠れなかったら、頭がボッーとして考える力がなくなったり、気分がイライラしたらり、なんとなく気持ち悪かったり、いろんな症状が体に現れてきます。

原因不明の症状が体に現れがちになります。

 

高次脳機能障害を悪化させないために、夜、眠ることが重要です。

 

夜眠るだけで、体の調子はよくなり、頭は快適に、心の状態は安定していきます。

高次脳機能障害を患っていて、なんか調子悪いなという状態が続いていたら、どうやったら夜眠れるかを考えてみてください。夜眠れるようになると体は回復していきます。

 

1人で悩まないでくださいね

有田町のこうちゃん整体院は、高次脳機能障害で悩んでいる方のお役に立ちたいと思い、整体を行っています。

僕自身も高次脳機能障害を患っており、高次脳機能障害のことを理解しているつもりです。もし、高次脳機能障害を克服したいと望んでいらっしゃったら、是非、そのお手伝いをさせてください。

一人では孤独でも二人になれば力が出てきます。

高次脳機能障害で悩んでいる方に

当院では僕の経験、体験を元に培った智慧をもとに体の健康から高次脳機能障害の回復に向かって進んでいけるような整体を行っています。僕の経験、体験なので、病院等で行っているものと全く違います。また医療行為は一切行っていません。

今の状況から脱したいと願っていたら、お問い合わせして下さいね。

 

高次脳機能障害で悩んでいる方向けの整体で心がけていること

僕自身も高次脳機能障害を患っています。高次脳機能障害の苦しみはわかっています。自分の経験してきたこと、行ってきたことで得た智慧をもとに、高次脳機能障害で苦しんでいる方の苦痛を少しでも和らげるお手伝いができたらよいなと思い、高次脳機能障害で悩んでいる方のための整体サービスをつくりました。

 

僕が得てきた経験、智慧を最大限入れ込んで、あなたの体の回復のために努めていきます。

 

合言葉は、痛みをとるのではない、日常生活に支障のないほどの

「動ける体を取り戻す」

です。

 

高次脳機能障害に対応した整体施術を始めました。

僕自身が交通事故の後遺症による高次脳機能障害を患っています。自分の経験、体験から何をすると高次脳機能障害が改善していくのかよく知っています。僕が経験したことを活かしてあなたの悩み、苦しみをすくうことができるのではないかと、自負しています。

 

高次脳機能障害は、見た目はまったく元気そのものです。

 

どこが悪いの?どこに障害があるの?

 

はた目から見るとまったくわかりません。

 

だから、1人で悩み、抱え込んでしまう傾向にあります。1人で悩みこまずに、お電話ください。きっと解決方法あります。

 

これは、僕の経験からですが、高次脳機能障害は体の機能の回復を促すことで改善していくことがあります。自分の体を整体してあげることで、高次脳機能障害の状態が改善していきました。こんな例があるので、最後まで諦めずに、解決法を探していけば何かあるはずです。僕は信じています。

 

人生を取り戻す旅、新しい人生の旅はここから。

高次脳機能障害の回復に向けた整体とは

高次脳機能障害が治ることはない、今現在の僕の体の状態から見えてくる考え方です。高次脳機能障害は治ることはないけど、今の状態より改善していくことはあると思っています。

 

また、これが一番難しく、一番の課題でもあるのですが、良くなった状態をいかに持続していくか、保持していくことが一番難しいです。僕が提供する高次脳機能障害に対応している整体は、ただ、今の改善だけではなく、持続可能な改善を行える整体です。

 

しかし、改善への道はかなり厳しい道のりです。
今の状況から脱したい、最後と思ってやる。

 

自分に与えられた人生の道を歩むと決められた方にはとても良き効果が発揮されます。

 

気になったら、お電話ください。

お電話はこちら

080-6409-7294

 

院長の思い

 

僕自身が交通事故に遭い、脳挫傷、てんかん、高次脳機能障害の後遺症で悩み、苦しんでいました。

 

自分の体験、経験を活かして、目の前にいるあなたの救いになりたい、僕が得たものを分かち合っていきたい、この想いで今、整体というお仕事をさせて頂いております。

 

交通事故の後遺症で苦しみ、高次脳機能障害の苦しみなどで、悩まれていらっしゃったら、お力になれると思います。お電話ください。

 

お電話はこちら

080-6409-7294

 

追伸

今、交通事故の後遺症、脳梗塞などから高次脳機能障害を患う方が増えてきています。毎月、脳外科受診しているのですが、病院の中にいても増えてきてるのかな?と感じます。

 

そこで、僕の経験と体験を活かして、高次脳機能障害の改善に向けた整体を始めることにしました。

これまで、やろうかどうか、ずっと迷って格闘していましたが、求めている人がいるかもしれない、そして、今までの古式的な整体を放れて、自分自身の挑戦の意味も加えて、僕しかできない整体での人助けを始めて行きたいと思うようになりました。

身近に、また、これから高次脳機能障害で悩む方が出てこられた際には、僕のことを思い出していただけたらうれしいです。

ありがとうございます。

高次脳機能障害リハビリ回復整体のご案内

高次脳機能障害リハビリ回復整体の詳しい案内はこちら